読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、ロボコップ。

ザ・男の子の趣味を多数持った会社員のブログ。 カメラ、パソコン、スマホ、タブレットなどのガジェットから、車、バイク、映画、ゲームなど気になった物は次々と発信していきます。 商品レビューや、映画インプレなど幅広く発信していく予定。

モンサンミッシェル風ふわふわオムレツ作り方まとめ

f:id:ROBOCOP:20150413112615p:plain

おはようございます、ROBOCOPです。

本日は仕事が休みなので日中から更新しています。

今日はモンサンミッシェル風ふわふわオムレツの作り方、レシピ集です。

 

 

なぜ急にオムレツの作り方なんてまとめているかというと、ふとオムレツが食べたいなと思ってネットでおいしいオムレツの作り方を探していたんですよ。

そうしたら世界中の人がオムレツ目当てにフランスまで行くという記事を見つけて初めて知ったのが元祖ふわふわオムレツのお店「ラ・メール・プラール」(la mere poulard)というお店でした。

 

調べてみると100年以上前から巡礼者のためにふわふわオムレツを作り続けているというこのお店のふわふわオムレツは絶品ということらしい。

 

そこで、ネット時代の申し子ROBOCOPとしてはぜひ秘伝のレシピをネット上から探し出して自分のレパートリーに加えたい!と検索したら・・・

 

なんとすでにかなりの方がレシピを公開されていました笑(←そりゃそうだ)

 

なのでここではチューボーですよの要領でいろんなレシピの中からいいところ取りしたROBOCOP仕様を作ってまとめてみました。

 

用意するもの(1人分・・・1人分ずつ作らないときれいにできない)

・フライパン(26cmくらいの普通のやつ、あまり大きいと伸びてしまってふわふわにならない)

・卵2個

・バター10g

・塩ひとつまみ

・とろけるチーズ(細切りになっているもの)

以上です。

 

これだけなら、今すぐにでも試せそうなどこにでもある材料ですね。

 

次に作り方

①卵を2個割り、白身のみボールにいれ、黄身は別にしておく

②白身に塩ひとつまみをいれ、泡だて器で角が立つまで泡だてる

メレンゲの一歩手前くらい、泡だて器を持ち上げると文字通り角が立つ)

③角が立つまで泡だったら、黄身をひとつずつボールの壁にそって滑らせるようにやさしく入れる、黄身を混ぜ始めるのと同時にフライパンを火にかけ温め始める

(勢いよくいれてしまうと泡がつぶれてしまう、2個いっぺんに入れてしまっても同じく泡がつぶれてしまうため、1個入れて混ざったらさらにもう1個といった感じ)

④混ざったら、ちょうどフライパンが温まっているころなので弱火にし、バターを入れて溶かす

⑤バターが溶けたらボールのメレンゲ?をフライパンに入れる

(このとき平たくしたり、へらなどでつぶさないよう、フライパンの真ん中に流しいれるだけ、形は整えない)

⑥卵が焼けてくるいい香りがしてきて、湯気も立ってきたらとろけるチーズを上にふりかける

⑦ふたをして1分蒸し焼きに(火加減やフライパンによって時間は調整)

⑧フライ返しなどを少し卵のしたに差し込んでみて軽い焼き目が付いていたら泡をつぶさないようそっとお皿に滑らせうつす。

⑨泡をつぶさないようにそっと半分に折り返す。

以上

 

出来上がってからは早めに食べないとしぼんでいきますので注意!

 

まあ、こんなにおいしそうなオムレツを作ってすぐ食べない人なんているのかって話ですけど・・

 

T-fal 泡立て器 キッチンツール 「エピス」 ウィスク 274659

T-fal 泡立て器 キッチンツール 「エピス」 ウィスク 274659

 

 では、素敵なランチをどうぞ・・・・