読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボコップのガジェコップ

ザ・男の子の趣味(カメラ、パソコン、スマホ、タブレットなど)を持ったロボコップが日々興味を惹かれたガジェットについて発信します!

PS4を買った件

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

 

 皆さんこんばんわ。

毎晩寝不足のROBOCOPです。

 

突然ですがPS4を買いました。

今回のエントリーではROBOCOPがPS4を購入した経緯と感想についてレビューしていきたいと思います。

 まずいいます。

 

PS4最高!!

 

今まで購入しなかったのが馬鹿らしいほどすばらしいゲーム機です。

というかROBOCOPの中でのゲーム機の進化がPS3が最新でしたし、オンラインなんてやったこと無かったので、突然PS4のオンラインゲームをやれば、要するに革命的な体験だということは言うまでもありませんよね笑

 

まず、ROBOCOPが購入したのは冒頭でもリンクを貼ったこれです。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

 

500GBで2016年9月にリニューアルした新型の通称「PS4 slim」です。

 

PS4は今現在下記三種類(色違いは除く)の選択肢があります。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

 

 

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)

 

 

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

 

 まずHDDの容量ですが、slimの方では500GBか1TBの選択肢がありますが、正直ROBOCOPは今のところ2,3個ほどのゲームしかやる予定が無いことと、PS4はHDDを簡単に換装でき、なおかつHDD換装に関してはメーカー保障の範囲内(!!)のため後で必要になったときに性能の良いHDDにするか、いっそのことSSDにしてしまってもいいかななんて思っていますので500GBを選択しました。

 

また、PS4 PROに関しては初め迷いましたが良く考えてみればROBOCOPは4Kテレビやモニターを持っていないことと、実際に家電量販店でPS4の映像を見た限り違いがあまりよくわからなかったです笑

 

また、消費電力がかなり大きくなるため、メリットがありませんでした。

人によってはPROの方が良い人もいるかも知れませんね。

 

 

次にPS4を購入した動機ですが、

 

①アマゾンプライムビデオをリビングの大画面で見たかった。

以前の記事でも紹介していますが、アマゾンプライムビデオはとてもROBOCOPには合っていて、アマゾンプライム会員になるだけで対象ビデオ見放題という夢のような会員制度ですが、ROBOCOPの環境ではスマホかパソコンでしか見られませんでした。

というのもYouTubeなどと違い、プライムビデオはテレビに搭載されていることも少なく、外付けで下記のようなスティックを購入しなければいけませんでした。

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

 

 

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

 

 え?ROBOCOPは前買ったじゃん!って??

ええ、買いましたよ。

大画面で使っていましたが、実は家族にとられてしまいました笑

 

2台目を買おうかと考えていたときにPS4で見られるという悪魔のささやき(笑)が聞こえてきたんです。

 

先ほどのFire Stickは安いものでも約5,000円、上級機種であれば約12,000円となります。

 

ROBOCOPが買うなら12,000円のものを買いますので、その機能が入っているとなると、PS4が少なくとも1万円引きくらいになった感じ←ちょっと強引??笑

 

しかも、奥さんに言い訳ができる!笑

まぁ、ウチの奥さんはゲーム機買うくらいでワーワー言う人じゃないですけどね!(ドヤァ

 

そこにPS4リニューアルで1万円ほど定価が安くなったこともあり購入を検討していました。

 

ですが、購入を決断した理由が次です。

 

②ほしいゲームが出てしまった。

 

いや~久しぶりに衝動買いに近い買い物でしたね。

まぁ厳密に言うと結構調べましたけど・・・・

 

実はPS4は買うのをためらっていたのですが、2017年3月9日にとあるゲームが発売され、それがほしいがためにPS4を買うという暴挙に出てしまったんです。

 

それがこちら!

これこれ!!

FPSTPSゲームで人気のUBIソフトが発売したトムクランシー ゴーストリコンシリーズの最新作「ワイルドランズ」

 

久しぶりに公式サイトのトレイラーとかを見て心躍りましたね。

 

コールオブデューティーとかバトルフィールドとかも面白そうなんだけど、どうしてもオンラインで戦うというものにあまり食指が動かないんですけど、ワイルドランズはオンラインは基本的に協力プレイ!!

 

しかも物語の性質上ステルスミッションが目標で、派手なドンパチをするのではなく、事前に十分な偵察をして戦略を練り、静かに1人ずつ敵を排除していくというなんとも俺得なゲーム笑

 

基本ソロプレイではプレイヤーと3人のNPCの合計4人で潜入してNPCに指示を出していくレインボーシックスシリーズのようなスタイルだけども、今作はなんと近年流行のオープンワールド

 

それも激広!!

 

端っこから端っこまで移動するのが億劫になるくらい広い!

 

また、レベルやストーリーの進行にかかわらず全てのマップを探索できるし、武器の制約もなし。

 

この手のゲームに良くある理不尽な通行止めとかレベルに達しないと特定の武器がアンロックされないということが無い。

 

今のところROBOCOPには文句の付けどころが無いです。

 

ちなみにオンラインではボイスチャットを無線に見立てて連携をとりながら敵を排除していくことになるので、より臨場感が増します。

実際、オンでフレンドと2人でミッションをしていると息をするのも忘れているようで、ひと段落したときに久しぶりに息をしたといわんばかりに息が上がっていることがあります笑

 

また、敵はCPUなんですが、とても自然というか、プレイヤーに気づくときの流れがとても自然というか、きちんと実際の環境を考えているなという感じです。

 

たとえば、同じ建物の上階で人が倒れると倒れた音とかで敵兵が警戒し始めたり、巡回をしている兵士が倒れている死体を見つけて警戒態勢に入ったり。

 

まぁメタルギアシリーズのような感じですかね。もっともっと書きたいんですが、既に3000文字超えているので続きは次回!

ではまた